夫婦円満の秘訣(おまけ)

「愛の神様❤️」、「仲良くすることが大事だ」と言われても・・・。

現実の生活では、なかなか難しかったりします。。

さて、ここでちょっと教会で習った『夫婦円満の秘訣』を少しご紹介しましょう。

 

まず、神様の御言葉を信じる人は、神様スタイルをします!


つまり、自分のスタイルをなくすのです。

(なに〜??Σ(゚д゚lll) って思ったあなた!!
いやいや、アブラムを読んできたじゃないですか!
自分のスタイルを捨てて、神様スタイルでやってみる!!
これが絶対信仰なんですよ!!はい。(時には)むずいです。
でも、チャンレンジするんです!!
「新しい祝福」を得るためには、「古い自分の習慣」を捨てるんです(深い!)
そうすることで、「マジ神!!」的なこと✨(所謂これが「新しい祝福」ってやつです)
起こるのです。是非ともお試しあれ・・。)

では、「神様スタイル」とは何でしょうか。


それは「負けてあげること」です。




なぜって??


これが神様の方法なのです。


聖書を読んで見ると、神様はずっとそのやり方をしてきたのです。


言い換えれば、それが「メシア、イエス・キリストの生き方」なんですよ。

それでは、少し「イエス・キリスト」の人生を書いてみます。

イエス・キリストは、30歳になってイスラエルで御言葉を伝え始めました。

「愛って何だろう?」

「神様はいるのか。」

「(いるならば)どんな方なのか。」

「人はどうやったら天国に行けるのか。」

それらに加えて、病気の人を治してあげたりもしていました。

噂はあっと言う間に広がり、一躍有名人となってしまいました。

と、同時に様々な噂が飛び交います。

「あいつは、誰なのか?」

「大工の息子じゃねぇか。」

「なんか、言ってることは正しくないか?」

「でも、自分のことを「神の子」とか言ってるぜ、、。」

信じる人も多くいましたが、遊女など「罪が多いとされた人」も多くついて行ったため、

誤解も生じるようになりました。

それでも、多くの人が信じるようになりましたが、

 
そうすると、今度は、当時の権力者たちが
自分たちの立場を危ぶむようにもなりました。

結局、イエス様は、宗教裁判(イエス・キリストは神の子なのか?)にかけられ、

十字架で殺されてしまいます。

裁判で「負けて」しまったのです。

イエス様が、本当に神の子ならば、知恵を使って一人ででも逃げて

生き残ることができたのではないか?

イエス様が、本当に神の子ならば、完璧な主張で裁判に勝つことができたのではないか?

と思う人もいるかもしれません。

当時のイスラエルの人たちもそう思いました。

しかし、イエス様が「負けた」のは、


自分が「負ける」ことによって、多くの人の霊魂を生かすことができるからなのです。

自分が「負ける」ことによって、多くの人の霊魂を生かす「勝利」を得たのです。

さて、話を実生活に戻しましょう。

では、「実生活」で負けてあげるとは、どういうことでしょうか。

◉夫がうまくできなかった事を女の人が問い詰めたい時。。

(ちょっとまった〜!!)

→そうではなくて、
「うん、これできなかったんですね。私がやります。☺️」とすれば良いんです
(☺️→笑顔が怖い。。じゃ🙅だよ💦)

◉男が服を脱ぎ散らかしたら・・・。

(汚い。。何でこんなことをするのか?!ではなく・・)

服を10回、20回拾って下さい。


男が心から悪いと思うまで。。
(服を指でつまんで拾うとか🙅ですよ💦)

それが「神様の方法」なのです。

どんなことも「わかった、わかった」、「私が間違えた」と言って、お互い合わせる事。

そのように「負ける」ことが「勝つこと」なのです

じゃあ、上に書いたようなことを行なって、負けてあげたとしても

何が起こるのだろうか。

ただ夫(妻)が好きに生きて、それで終わるのではないだろうか。

と思ったりするかもしれません。

しかし、御言葉の面白いところは、「ただ言ってやって行なって終わり」ではないということ。

神様を信じて御言葉を行えば、神様がそのことを喜んで

 
「マジ!!神✨」的なこと(祝福)を起こして下さいます。

ただその祝福は、人によって違うし、状況によっても違うので、

神様が御言葉を行なったその人を見て、その人にあった一番良い祝福を

「勝利」という形で与えて下さるのだと思います。

〜最後に〜

「愛」とは何でしょうか。

一言で「愛」と言っても、難しいものです。

聖書には、このように書かれています。

 
オープン・ざ・コリント人への第一の手紙13章!!

「愛は寛容であり、愛は情け深い。
また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない、無作法をしない、
自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。」
(コリント13:4-7)




「このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、
この三つである。
このうちで最も大いなるものは、愛である。」
(コリント13:13)



アーメン😍

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。