裂かなかった理由(創世記15:10-16)

では、なぜこうなってしまったでしょう?


これ、実は、


アブラムとサライが夫婦喧嘩しちゃったんですよ〜!!!

(∑(゚Д゚)!! なに〜??)

 

 

◉神様に会う時、捧げる時、大切なこと!!

それは、仲違いをした心で捧げてはいけないんですよね。

「お前、まったく。。ちゃんとやらないからこうなるんだ!!」

「あいつがあそこで失敗したから、こうなったんだ!!」

結局、そのような心が捧げ物に現れてしまったのです。
(そうやってイライラしている時って、結局言動も雑になったりしますよね。。)

聖書の他の箇所(新約聖書)を見てみると、こんな聖句があります。

「だから、祭壇に供え物をささげようとする場合、兄弟が自分に対して何かうらみをいだいていることを、そこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に残しておき、まず行ってその兄弟と和解し、それから帰ってきて、供え物をささげることにしなさい。」(マタイ5:23-24)

「平和をつくり出す人たちは、さいわいである。彼らは神の子と呼ばれるであろう。」(マタイ5:10)

神様は、「平和」が好きなようです。


だって「愛の神様」だもの❤️


神様は、愛の根本者でいらっしゃいます❤️

だから、神様に捧げ物を受け取ってもらうためには、

お互い仲直りをし、仲睦まじく、お互い気になるところのない心と行いで

捧げ物を捧げなければならないのです!!





ここで捧げ物をきちんと捧げられなかった結果、

アブラムの子孫が400年間も異国(エジプト)で苦痛を受けることになってしまいました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。