聖書について

裂く神様(創世記15:1-9)

〜昨日の復習〜

神様は、アブラムに「あなたの後継は、あなたの子どもがなるべきだ。動物を連れてきて、捧げ物をしなさい。」と言いました。
************************

アブラムは、動物を連れてきて裂きました

けれど、鳥は裂かなかったんです。

そうしたら、荒い鳥が捧げものの上に降りようとしたので、

アブラムはそれを追い払いました。

そうしたら、神様が

「アブラムの子孫は、外国の人たちに仕え、


400年間も悩ますでしょう。」

と言われたんです。

う〜む。。これは、どういう意味なのか。。

難しいですね。

 

◉「裂く」ということ。

「裂く」というのは、言い換えれば「分ける」と言う意味です。

神様は、よく「分け」ます。

今まで読んできた中でも、よく「分けて」きました。

「カイン」「アベル」
「ノア」「それ以外の人」

神様は、「善」と「悪」を分けます。
https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/blog-post_11.html

さて、では今回は捧げ物をどのように「分けた」でしょうか?

「アブラムの捧げ物」「サライ(アブラムの奥さん)の捧げ物」を分けたのです。

アブラムは、神様と直接対話し、神様の計画を成していく、
いわば代表的な人物だったので、「より善もの、より神様側のもの」となるのです。

一方、

サライは、アブラムのように直接神様と対話し、神様の計画を成していく代表的な人ではないので、そうった意味で「より神様から遠い者」「より人間側のもの」となるのです。

↓こんな感じ。。(ふむふむ。。)

 

ところが、今回分かれていなかった!裂かれていなかったのです!!

↓こんな感じ。。

つまり、分けるべきものが、分かれていなかった。


言い換えると、混ざっていた、混沌としていた、秩序正しくなっていなかった。

ということになります。

ふむふむ。。

では、なぜこうなってしまったのでしょう?

それは、次回。。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP