アブラムの子孫(創世記15:1-9)

神様は、アブラムに言った。

「恐れるな。私はあなたの盾である。

あなたの受ける報いは非常に大きい。」

 

ところで、アブラムには子どもがいませんでした。

アブラムには、エリエゼル(ダマスコ出身)というしもべがいました。

真面目で誠実で忠誠心があったので、その人を自分の養子にして

自分の財産を相続させるつもりでいました。

しかし、神様の計画はそうではありませんでした。

 

神様:「エリエゼルは、あなたの後継となるべきではない。あなたの子どもが後継になるべきだ。。外へ出てみなさい。」

アブラム:「・・・。(外へ出てみる。。)」

外には満天の星空が広がっていました。

神様:「空を見てみなさい。星の数を数えてごらん。あなたの子孫は、このようになるでしょう。」


アブラム:「ほえ??神様、何言ってんだ??おいらは、もう75歳を過ぎてるぜ。」

とは、思わなかったんですね!!


アブラム:「そうなんですね、神様。私に子どもができ、その子が後継になるのですね。。」


と思いました。


従順に神様を信じたのです。


そして、神様は、アブラムが純粋に神様を信じたことに対し、

「ああ、やはり私が選んだアブラムはいいなぁ。」と

思われたのでした。

続けて、神様は話されます。

神様:「私は、カナン(今のイスラエル地域)をあなたに与えて、その土地を継がせようと思っている。だから、ウルからカナンへ移動しようと話したのだ。」

アブラム:「私には子どももいないのに、どうしてカナンの地を継ぐことができるでしょうか。」

神様:「私に捧げ物をしなさい。捧げ物となる動物たちを連れてきなさい。」

そして、アブラムは、神様に捧げ物をしました。

ちゃんちゃん🎶

・・・。と思いきや〜!!!???

(続く。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。