運命の出会い②(創世記29:9-14)

ヤコブがなお人々と話していると、ラケルが羊と一緒にやって来ました。

ヤコブは、ラケルと羊を見ました。

 

そして、ヤコブは、進み寄って井戸の口から石をころがし、

ラバンの羊に水を飲ませました。

 

ヤコブは、ラケルに口づけして、声をあげて泣きました。

“ヤコブ”
私は、ラケルの甥です!!

リベカの子ヤコブです!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

ラケルは、急いで父のラバンに話しました。

 

“ラケル”
お父さん!お父さん!!リベカの子ヤコブが!!
“ラバン”
なんだって!?

 

ヤコブは、伯父のラバンの家に入って、歓迎され、

ラバンに母のこと、父のこと、親戚みんなのことも知らせたので、ラバンはとても喜びました。

ヤコブは、一ヶ月間、ラバン達と共にいました。

 

参考:2000年10月8日 主日説教「平和のために理想世界」より

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。