サラの死(創世記23:1-20)

サラがとうとう死にました。

御歳127歳。(今と歳の数え方が同じだったかどうかは不明。)

 

サラは、ヘブロンで亡くなりました。
(地図上の矢印は気にしないでください。)

 

サラが死んで、アブラハムは本当に落胆し、悲しみ泣きました。

アブラハムは言いました。

“アブラハム”
私は、ウルから来た外国人です。

私の妻が死にました。

遺体を葬るため、どうか私の所有として墓地をください。

 

ヘテ人(カナンの住民)は言いました。

“ヘテ人”
わが主よ。

あなたは我々のうちにいて、神のような人です。

我々の墓地の最も良い場所に葬りください。

その墓地を拒んで、あなたにその死人を葬らせない人は、

誰もいないでしょう。

 

「わが主よ!!」

アブラハム「主」と呼ばれています。

しかも、「神のような方」だとまで言っていますね。

ヘテ人たちアブラハム神様が共にされていることを知っていたことがわかります!

 

アブラハムは立ち上がり、ヘテ人に礼をして言いました。

“アブラハム”
もし私の妻を葬ることに同意してくださるなら、ゾハルの子エフロンに頼み、

彼が持っているマクベラの洞穴を十分な代価で買わせてください。

 

エフロンは、ヘテ人たちの中に座っていました。

“エフロン”
いいえ!わが主よ。私のあの畑は、あなたに差し上げます。

また、その中にある洞穴も差し上げます。

ヘテ人のみんなの前で差し上げます。

どうぞ、あなたの墓地として使ってください。

“アブラハム”
その土地に葬むることをあなたが承諾してくださるのなら、私は代価を払います。
“エフロン”
いえいえ。あの土地は銀400シケルですが、これは私とあなたの間で

どれほどのことでしょう。お代は、頂かなくて結構です。

どうぞあなたの墓地として使ってください。

 

そこで、アブラハムは、エフロンの言葉に従い、

銀400シケルを支払いました。

 

こうして、エフロンの畑は、畑も洞穴も

畑の中やその周囲の境にある全ての木もみんな、

アブラハムのものになりました。

 

その後、アブラハムは、サラマクベラの畑の洞穴に葬りました。

 

こうして、畑とその中にある洞穴は、アブラハムの所有となりました。

 

〜アブラハムの墓地の購入〜
アブラハムは、墓地をもらうこともできましたが、アブラハム購入しました。
購入することで、完全にアブラハムのものになったのです。
その墓地は、サラだけでなく、アブラハムヤコブヨセフも皆そこに葬られました。
アブラハムがその土地を購入することにより、象徴的にカナンの地が自分たちのものになったことなのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。