どうする?アビメレク王(創世記20:8-18)

そこで、アビメレク王は、朝早く起き、家来達を集めて夢のことを話しました。

家来達は聞いて、非常に恐れました。

そして、アビメレク王アブラハムに言いました。

 

““王”
あなたは何をしてくれるのか。。あなたに対して、私がどんな罪を犯したために、あなたは、私と私の国とに、大きな罪を負わせるのですか?あなたはしてはならないことをした。どうしてこんなことをした?
“アブラハム”
この場所は、神を恐れるということが全くないので、私の妻が美しいのを見て、人々が私を殺すと思ったからです。

また、彼女は本当に私の妹でもあるのです。異母兄弟なのです。そして、私の妻になりました。

神様が私に父の家(ウル)を離れて行き巡らせたとき、私は彼女に「私を兄と言ってください。そうすることで、私は恵みを受ける」と、言いました。(※確かにアブラハムがエジプトに行くときに言っていましたね。)

 

そこで、アビメレク王は、羊、牛や男女の奴隷をアブラハムに与え、

妻のサラアブラハムに返しました。

 

““王”
私の土地は、あなたの前にある。好きなところに住みなさい。

サラ、私はあなたの兄に銀1,000シケルを与えた。。これは、あなたの身に起こったことに対する償いだ。。

 

アブラハムは、神様にお祈りをしました。

神様は、その祈りを聞いて、アビメレク王とその妻、また家来達を癒されたので、

彼らは子どもを産むようになりました。

これは、神様が、王様がサラを妻にしようとしたことを理由に、

アビメレク王の家のすべての者の子どもが生まれないようにしていたためでした。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。