神の姿・天使の姿(創世記18:1, 13)

さて、昨日・一昨日の聖句にちょっと戻ってみましょう。

主はマムレのテレビンの木のかたわらでアブラハムに現れた。」(創18:1)。

あれ?現れたの旅人やったやん!?

主はアブラハムに言われた。
『なぜサラは、わたしが老人であるのに、どうして子どもを産むことができようかと言って笑ったのか。』」(創18:13)

あれ?言ったの旅人やったやん!?

 

これ、実はですね、神様が旅人を通して現れたんですよ〜。

だって神様って肉体の目で見えないじゃないですか!!

 

では、「神様」に関する聖句を見てみましょう。

神は霊であるから、礼拝をする者も、
霊とまこととを持って礼拝すべきである。」
(ヨハネの福音書4:24)

 

そう!神様って「霊」なんですよ

だから、見えないですし、聞こえないです。はい。

 

では、どのようにして現れるのか?

それはズバリ!!

 

 

 

「人を通して(着て)」現れます!!

そうしたら、見えるし聞こえる!!

神様も人々とコミュニケーションが取れるわけです!!

(すごい!!)

 

話をアブラハムに戻すと、

旅人が来た時、アブラハムが非常によくもてなしましたね。

なぜなら「神様を愛して、人を愛していたから」です。
https://thefunniestbiblelab.com/2019/09/181-8/.html

 

その結果、アブラハムは、旅人を通して

「来年、子どもが生まれる」という預言を聞くようになりました。
(※「預言」とは「神様から預かった言葉」という意味です。予言じゃないよ。)

人を通して、神様(主)が話されていたのです。

 

人を通して、話す神様。

神様が誰を通して話されるかは、人間にはわかりません。

 

だから、アブラハムのように

普段の生活から「神様を愛する、人を愛すること」が大切なのです。

聖書には、アブラハム以外にも「人を愛すること」で

神様から祝福をもらった人がたくさんいます。※ペテロもそうですね)

 

人を通して話す神様。

そして、それは聖書だけではなくて、

皆さんの生活においても同じことが言えます。

 

今日も「誰か」を通して神様が何かを話してくれるかもしれません。

 

〜追加〜
※神様は、他にも夢を通して現れたりもします。また、アブラハム、モーセなど、神様に認められて直接話す特別な人もいますね。
※もちろん(このご時世)世の中には良い人ばかりではないので、むやみやたらにただ良く接するのではなく、よく分別しましょう

〜画像〜
https://matome.naver.jp/odai/2140954263059207101

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。