呪文かえ!?(創世記16:13-16)

それでもハガルは、

「あなたの子孫を増して、


数えきれないほどに多くしましょう。」

という使いの言葉に慰めを受けました。

 

ハガルは、主(神様)の名前を読んで、

「あなたは、エル・ロイです。」

と言います。

 

( ゚д゚)????

ほえ????

 

「エル・ロイ」とは、

「ご覧になる神様」という意味です。

(つまり「ああ、神様はご覧になっている・・(T . T)」と言ったのです。)

 

次のセリフに解説があります。

「ああ、ここでも私を見ていられる方(神)の後ろを拝めたのか・・。」

 

神様と顔を合わせてFace to Faceなんて!!

とんでもございません!!

後ろを拝めただけでも、実にありがたいのです。

はい。。

 

とにかく、ハガルはそのように神様に感謝したのでした。

 

それで、その井戸は「ベエル・ラハイ・ロイ」と呼ばれた。

( ゚д゚)????


ほえ????

「ご覧になり、生きている神様の井戸」という意味です。

これは、カデシとベレデの間にあったそうです。

 

 

 

サウジアラビア方面ですね。

そして、ハガルは、とうとうイシマエルを生みました。

この時、アブラム御歳86歳。

 

画像:https://www.biblicalarchaeology.org/daily/biblical-sites-places/biblical-archaeology-places/wilderness-wanderings-where-is-kadesh/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。