聖書について

突然の客(創世記18:1-8)

ところで、アブラハムは(相変わらず?)マムレのテレビンの木のかたわらに

住んでいました。

 

すると、向こうに3人の人が立っているのを見かけました。

近くに行ってみると、遠くまで旅をする人に見えたので、

アブラハムは、声をかけました。

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2019/09/abraham.jpg” name=“アブラハム” type=”l”]遠い旅路で疲れているようですが、水を汲んでくるから足を洗い、

食べ物も食べて休んでから行ってください。

せっかくなんで!!どうか!!私のところで休んで行って下さい!![/voice]

 

聖書を読んでみるとわかりますが、結構必死ですよ!アブラハム!

 

いや、これはですね、アブラハムの信仰の表れなんですよ。

新約聖書マタイの福音書22:37-39にこのような聖句があります。

「心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ。」

これが、一番大事な教えだ〜。とイエス様が話します。

 

次に二番目に大事な教えを話します。

「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ。」

 

アブラハムは、そのように神様を愛し、人を愛した姿がここのシーンで描かれているんですね。。

(旅人たちに良くすることで、後々アブラハムはこの人達を通して預言を得るのですが、またそれはあとで。。)

 

結果、旅人はそれに応じました。

 

アブラハムは、急いで家(天幕)に入り、

サラに食べ物を用意するように言いました。

凝乳と牛乳、柔らかな小牛・・。(高級レストラン!?)

 

 

 

 

 

 

そして、旅人は食事をしました。

(続く。。)

 

(画像:https://www.tv-asahi.co.jp/okazu/contents/onair/0350/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP