13年の沈黙と行間の心情(創世記17:0)

イシマエルが生まれた時、

アブラムは、86歳でした。

そして、17章へ。。

アブラムは99歳13年の月日が流れました。

(ふむふむ。それで?それで?? )

 

 

と読み進めてはいけないんですよ〜。
(まあ、読み進めていいんですけど。。)

「聖書に何も書かれていない」、というのは、

何も書くことがなかった。神様との経緯が何もなかった。

神様が働かれなかった、ということなんです。
https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/07/5.html

 

では、どうしてこうなったでしょう?

今までの流れを見て行きましょう〜。

 

アブラムとサライには、子どもがいませんでした。

しかし、神様が「あなたの後継は、あなたの子どもがなる

あなたの子孫は、あの⭐️星⭐️の数のようになる。」と

約束します。

アブラムは、それを信じました!!

 

しか〜し、

その後、サライは、自分の仕え女ハガルを妾にして、


子どもを生む
ことを提案しました。

すると、アブラムは、「わかった」と言って受け入れてしまいました!

 

( ゚д゚)!!

え???

 

神様言ったこととちゃうやん!!

アブラムの子が後づぎになるって

言ったやん!!

そんでもって、信じたやん!!(似非関西弁)

 

そう!!すなわち、アブラムは、神様が言ったようにはせず、

サラの提案にあっさりと折れてしまったのです ( ゚д゚)!!

 

本当に神様の言葉を信じていたならば、

「いや、サラ。神様が『俺とお前の子が後継になる』って言っているから、

それを信じよう!」と言うべきだったのですが。。

 

その結果、平和が成せず、夫婦仲も良くなくなり、

(創世記16:5で、サライがアブラムに対して、
「こうなったのは、あんたのせいよ!
ハガルをあなたに与えたのに、ハガルは自分が妊娠したからって
私のことをバカにして!神様が私とあなたの間を裁いてくれればいいのよ!」と言っていますね。)

 

サラとハガルの関係も悪くなり(遂には追い出し)・・。

家庭の幸せがなくなって、歳月が流れて行ってしまったのです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。