聖書について

裁きが起こった!(創世記19:24-28)

とうとう裁きが起こりました。

ソドムとゴモラで大きな火山が起こりました。

まるで硫黄と火が空から降って来るようでした。

ソドムとゴモラの住民とその地に生えているすべてのものを

神様は、ことごとく滅ぼされました。

 

ロトの家族(ロト、ロトの妻、ロトの娘2人)は、ゾアルへと逃げて行っていました。

その時、ロトの妻が振り返ってしまいました!!

あれだけ、振り返ってはいけないと言われていたのに。。

天使(旅人)の言葉を100%信じることができなかったたから、

また、ソドムとゴモラでの生活に未練があったから、

振り返ってしまったのです。。

ロトの妻は、塩の柱となってしまいました。

 

その頃、アブラハムは・・・。

朝早く起き、神様の前に礼拝を捧げに行って、

ソドムとゴモラの方を見ると・・・。

 

その地は、煙がかまどのように立ち上っていました。

 

関連記事

PAGE TOP