裁きが起こった!(創世記19:24-28)

とうとう裁きが起こりました。

ソドムとゴモラで大きな火山が起こりました。

まるで硫黄と火が空から降って来るようでした。

ソドムとゴモラの住民とその地に生えているすべてのものを

神様は、ことごとく滅ぼされました。

 

ロトの家族(ロト、ロトの妻、ロトの娘2人)は、ゾアルへと逃げて行っていました。

その時、ロトの妻が振り返ってしまいました!!

あれだけ、振り返ってはいけないと言われていたのに。。

天使(旅人)の言葉を100%信じることができなかったたから、

また、ソドムとゴモラでの生活に未練があったから、

振り返ってしまったのです。。

ロトの妻は、塩の柱となってしまいました。

 

その頃、アブラハムは・・・。

朝早く起き、神様の前に礼拝を捧げに行って、

ソドムとゴモラの方を見ると・・・。

 

その地は、煙がかまどのように立ち上っていました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。