聖書について

沈黙の時(創世記5:1-31)

第5章になると、アダムの系図が書かれています。

アダムは「はじめ」という意味。(「はじめ君!!」)

はじめて「神」というものを知った、「はじめの人」という意味です。

130歳まで生きたそうです。

めっちゃじいちゃん!!∑(゚Д゚)

そして、子供(セツ=カイン、アベルの弟)ができました。

じいちゃん、頑張ってる!!

 

・・・。

違います。

 

これは、今と暦が違うんです!!

そりゃそうですよね。だって、何千年前の違う国のできごとですから。

 

当時は「1ヶ月」=「1年」だったそうです。

すなわち、若干10歳ちょっとにして子供が生まれた!!

まだアダム自身が幼かったのに、子供ができてしまったのですね。

その後は、つらつらと系図が続きます(6節〜)

セツ→エノス→カイナン→マハラレル→ヤレド→エノク→メトセラ→レメク→ノア

6節以降、聖書を読んでいると読み飛ばしたくなります。。

眠くなります。。(/ _ ; )




しか〜し!!


ここには重要な意味があるんですよ!!

どういう意味かって?

「何も書くことがなかった」ということです。

何もストーリーがなかった!!

聖書とは?というと「神様の計画」、「人間の取説」、「神様からのラブレター」等、
様々な定義がありますが(もちろんどれも正解ですが)、

聖書は、「神様と人間の経緯、できごと」が書かれています。


この期間、何もストーリーがなかった!!


何もなかったのです。1600年間!!


∑(゚Д゚)!!

神様は、何もおっしゃらなかった。

何も働きかけなかった。

なぜなら、アダムとエバが神様との約束を守れなかったことが、

それだけショックだったからです。。

そんな時、、

神様の目に止まる人が現れます。。

その名も・・・・

(続く)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP