聖書について

血統(創世記4:17-26)

聖書では「血統」というのが非常に重要になります。

もっと言えば、聖書に限らず、運命というのは「血統」と関係があるようです。

 

さてさて。

「カインは、その妻を知った。」
聖書で「知った」というのは、「夫婦関係をした」という意味です。

子供が生まれます。名前は「エノク」です。

 

ここから、罪の恐ろしさというのが書かれています。

カイン→エノク→イラデ→メホヤエル→メトサエル→レメク

と子孫が続いていきます。

そして、レメクの子孫が下になります。

 

 

黒字のカッコ書きは、職業。

赤字のカッコ書きは、それぞれの名前の意味です。

ひや〜∑(゚Д゚)!!

 

レメクは、恐ろしいことに自分の妻たちに殺人の宣言をしています。

「アダ(妻)とチラ(妻)よ。わたしの声を聞け。
レメクの妻(アダとチラ)よ、わたしの言葉に耳を傾けよ。
わたしは受ける傷のために、人を殺し、
受ける内傷のために、わたしは若者を殺す。
カイン(先祖)のために復讐が七倍ならば、
レメク(自分)のための復讐が七十七倍。」

 

恐ろしいですね。

話は、アダムとエバに戻って、、
カインとアベル(死んでしまいましたが)の下に、もう一人弟が生まれます。
名前は「セツ」です。

神様としては、本当は「アベル」を通して歴史を広げていくつもりでした。
しかし、殺されてしまったので、用いることができず。。

「カイン」は殺人を犯し、罪人となってしまったので用いることはできず。。。

三男坊「セツ」が生まれ、「セツ」を通して歴史を広げていきます。
(「セツ」とは、「もう一人の子」という意味です。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP