ロトが捕虜になった話③(創世記14:9-12)

〜昨日の復習〜





























赤組がイスラエルに攻め込んできました〜!

どうする〜!?青組〜!?

**************************

そこで、青組は、このままではまずい!!

戦いの準備だ!!

ということで、戦いの準備をします(陣をしいた)。

ここから本格的に赤組VS青組の対決です。
(創14:8-9で、赤組VS青組の対決であることを再度説明。。ふむふむ。)

【赤組】
・シナルという国のアムラべル王
・エラサルという国のアリオク王
・エラムという国のケダラオメル王
・ゴイムという国のテダル王

VS

【青組】
・ソドムの王ベラ
・ゴモラの王ビルシャ
・アデマの王シナブ
・ゼボイムの王セメベル
・ゾアルの王ベラ(ソドムの王と同一人物かは不明)

 
 
ところで、青組がいた地域のシデムの谷には、
 
アスファルトの穴が多かったそうです。
 
そして、青組ソドムの王ベラゴモラの王ビルシャは、
 
アスファルトの穴に落っこってしまいました!!∑(゚Д゚)!!
 
 
「あ〜〜〜〜〜れ〜〜〜〜〜〜」
 
 
 
そして、残りの青組の人たちも山に逃げていきました。
 
 
 
赤組チャ〜ンス!!!
 
ということで、青組地域のソドムゴモラの財産と食料を奪い去り、
 
ソドムに住んでいたロトも捕虜にされ、ロトの財産も奪っていきました。
 
 
むむむっ!!ロトの運命や如何に。。
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。