聖書について

新しく始める(創世記第9:1-17)

⭐︎前回の復習⭐︎

神様は、「二度と人間を理由に地をのろわない。


すべての生きたものを滅ぼさない。」と言いました。(創8:21-22)
*********************************

(ここから第9章)

神様は、言いました。

「生めよ、ふえよ、地に満ちよ。」(創9:1)

 

( ? _ ? ) ????

どこかで聞いたことありません?

このセリフ!!

 

そう!!最初ですよ!!最初!!

天地創造!!人間を創って、神様はこう言われたんです。

「生めよ、ふえよ、地に満ちよ。」(創1:28)



同じじゃないですか!!!

そうです。

神様は、はじめからそうしたかったんです!!

神様は、天地を創造し、人間を創造しました。

「生めよ、ふえよ、地に満ちよ。」

 

しかし、アダムとエバが約束を果たせず、

エデンの園(理想世界)をつくることができませんでした。

その後も兄弟間の殺人(カインとアベル)が起き、

1600年の沈黙の時を超えて、ノアが登場するも、地には悪がはびこるばかり。。。

神様は、洪水の裁きにより悪を裁き、

再度、理想世界を作ろうとしたのです。

 

神様は、

「もう二度と、すべての生きたものを滅ぼさない。」

と約束してくださいます。

 

そして、「約束の印」として空に虹を置いて下さいました。

以上、創世記9:17まで。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP