洪水終わり(創世記8:13-22)

ノア50歳
2月17日:洪水発生。
(150日間、雨が続く)
7月17日:箱舟がアララテ山にとどまる。
10月1日:山々の頂が現れる。
2月17日:地が乾いた(洪水発生から丸1年)

 

さて、創世記8章13節。

洪水から丸1年。ようやく地が乾きました。

 

神様は、ノアに言いました。

「箱舟を出なさい。動物たちも連れて出て増え、ふえ広がるようにしなさい。」

 

ノアは、家族と箱舟を出、動物たちを外に出しました。

ノアは祭壇を築きました。

清い動物達を燔祭として捧げました。

(パチパチパチ・・・(動物が焼ける音))

神様は、その香ばしいかおりをかいだと書いてあります。

(くんくん・・・。)

 

∑(゚Д゚)!!

かおりを嗅ぎながら、神様は、

ノアの心(感謝、悔い改め)を感じたのでしょう。。
(いい匂いだ。。お腹減ったなぁ、じゃないよ。)

神様は、「二度と人を理由にこのような裁きはしない」と話されます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。