言葉と歴史(創世記9:18-19)

箱舟から出たノアとノアの家族。

もう一度、ノア・ファミリーを復習。。

 

ノアには3人の子どもがいました。

セム、ハム、ヤペテ。

ノアの子どもであるこの3人から子が生まれ、

またさらにその子どもが生まれ・・と、

全地に子孫が広がっていきます。

 *******************************

昔、言語学をやっていたので、ここで言語にまつわるちょっと面白い(?)話を。。

世界には、たくさんの言語がありますが、その中でも似ている言語があります。

 

例えば、日本語と韓国語。

日本語では「家族」を「かぞく」と言いますが、韓国では「カジョッ(ク)」と言い、

発音が似ている単語が多くあります。

それを「語族」(上の場合、日本語と韓国語は「同じ語族だ」)と言います。

英語とドイツ語も同じ語族です。

 

話を聖書に戻します。

ノアには、3人の子どもがいました。

セム、ハム、ヤペテ(しつこい)

 

語族の種類にも、

「セム語族」、「ハム語族」、「ヤペテ語族」、「インド・ヨーロッパ語族」

というのがあります。(なぜか「ヤペテ語族」とは呼びません。)

 

それぞれ何語があるかというと、

セム語族:ヘブライ語、アラビア語など。

ハム語族:エジプト語、ベルベル語(北アフリカ)など。

インド・ヨーロッパ語族:英語、ヒンディー語、その他ヨーロッパ言語

 

こう呼ばれるようになったのは、

セムの子孫が、イスラエルやアラビア方面に住むようになったのではないか、

ハムの子孫が、エジプト方面に住むようになったのではないか、

ヤペテの子孫(ヤペテ語族とは言わないが)が、ヨーロッパ方面からインド方面に住むようになったのではないか、

と考えられたからです。

 

そうです!!

まさに「この三人(セム、ハム、ヤペテ)はノアの子らで、
全地の民は彼らから出て、広がったのである。」(創9:19)

 

聖書通りじゃん!!


すごい!!

 

となりたかったのですが、

なかなか「そうだ!」と言うほどまでは証拠が見つからず、

「セム語族」、「ハム語族」という言い方もやめて、

「アフロ・アジア語族」とまとめて呼ぶようになりましたとさ。。

 

以上、雑談でした。

どうであれ、セム、ハム、ヤペテの子孫は増えていき、

全地に広がっていったのです。

 

続く。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。