リベカという人

ここで今日は、「リベカ」という人物に注目してみたいと思います。

 

アブラハム→イサク→ヤコブ・・と歴史は続いていくので、

「リベカ」自身は「神様の歴史の中心人物」ではないのですが、

神様の計画(御心)を成すために、様々動いていることが非常に多い不思議な人物です。

 

 

それでは、リベカがしたことを、改めて振り返ってみたいと思います。

 

 

◉リベカがしたこと

①イサクの遺産相続の話

エサウ(兄)イサク(父)から長男として祝福(遺産相続)を受けることになりますが、

それをエサウ(兄)ではなくヤコブ(弟)が受けるように、リベカ(母)が働きかけます。

 

②ヤコブの嫁探し

一昨日のブログですが、ヤコブ(弟)の嫁探しの際にも

リベカが重要な役割を果たしていましたね。

 

 

では、なぜリベカは、このようなことを行なったのでしょうか?

 

理由は様々ありますが・・

一言でいうと、

「神様の御心を知っていたから」です

 

リベカは、エサウよりもヤコブを愛していました。

 

これは、リベカにとってヤコブの方が自分と合うから、

ヤコブの方が自分に優しくしてくれるから、というリベカ自身の感情ではありません。

 

リベカは、子供(エサウヤコブ)を生む時に、啓示を受けました

 

それを通して、リベカは、

「神様の計画は、ヤコブを通して成されていく」ということを悟っていたのです。

 

リベカは、「神様が誰を通して働こうとしているのか」ということを悟っていたからこそ、

神様は、リベカを通して働かれたし、リベカ神様の御心通りになるようにサポートしたのですね。

まさに、「内助の功」というわけです。

 

※内助の功とは?
家庭において、「夫の外部での働きを支える妻の功績」のことを言います。

リベカの場合、神様が夫、リベカが妻の役割を果たしています。また、「②ヤコブの嫁探し」においては、リベカ神様を内助すると同時にイサク(夫)を内助していますね。すごい!!

 

では、神様がよく用いたいと思う人は、どんな人でしょうか?

①純潔な人

すなわち、神様から見て「清い」こと。「従順」であることです。

 

創24:16にこんな聖句があります。

その娘(リベカ)は非常に美しく、男を知らぬ処女で会った。彼女が泉に降りて、水がめを満たし、上がってきた時、

 

「処女」というのは、生物学的に男を知らなかったという意味もあるんですけど。

それだけではなく、神様が見る時に、彼女の心と行いが純潔だったという意味なのです。

言い換えれば、それは、神様の御言葉に絶対従順する人だったということがわかります。

 

②平和を作り出す人

マタイ5:9にこんな聖句があります。

平和をつくり出す人たちは、さいわいである。彼らは神の子と呼ばれるであろう。

 

「平和をつくり出す人」、「人と人との間を愛し合えるようにする人」

神様は、そのような人を大きく見られます。

なぜかというと、「私たちが一つになってこそ、神様の御心がなされるから」なのです。

 

う〜ん、深いっ!!

 

逆を言えば、どんなに頑張って条件を立てても、一つにならなければ御心はなされないのです。

それほど「平和がなされる」、「兄弟愛」、「一つになる」ということが大きいのですね。。

 

以上、リベカについてでした。

参考:初信者向け礼拝「ヤコブの母リベカ〜神様は擬人を通して働かれる」、「ヤコブの受けた祝福の秘訣」

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。