聖書について

しもべの旅③(創世記24:28-33)

リベカは、走って行って、家族に今までのことを告げました。

リベカの兄ラバンは、泉のそばにいるしもべの所へ走って行きました。

しもべは、泉のほとりで、ラクダのそばに立っていました。

 

ラバンは、しもべに言いました。

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2019/10/family_ani_imouto.png” name=“ラバン” type=”l”]神様に祝福された人(しもべ)よ、お入り下さい。

なぜ外に立っているのですか。

あなたが泊まる場所も準備し、ラクダのためにも準備しておきました。[/voice]

 

しもべが家に入ると、

ラバンはラクダの荷を解いて、わらと飼い葉をラクダに与え、

また、水を与えてしもべの足とその従者たちの足を洗わせました。

 

そして、食事の用意をし、しもべの前に食事をおきました。

 

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2019/09/necchusyou_face_boy3.png” name=“しもべ” type=”l”]私は、用件を話すまでは食事をいただきません。[/voice]

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2019/10/family_ani_imouto.png” name=“ラバン” type=”l”]どうぞ。お話下さい。[/voice]

関連記事

PAGE TOP