ノアまとめ①〜本当に洪水は起こったのか〜

さて、聖書において「ノアの箱船」というのは、

重要なお話の一つなので、まとめコーナーを2つ設けたいと思います。

今回は、

「ノアまとめ①〜本当に洪水は起こったのか〜」

という話です。

これは、今まで様々な議論がされてきて、

「本当に洪水は起こった!!」

「いや、本当に洪水は起こってない!!」

という主張がなされてきました。

それでは、ちょっと聖句を見てみましょう〜。




「わたしは地の上に洪水を送って、命の息のある肉なるものを、
みな天の下から滅ぼし去る。
地にあるみのは、みな死に絶えるであろう。」(創6:17)


「水はまた、ますます地にみなぎり、天の下の高い山々
おおわれた。」(創7:19)

う〜む。。

「皆滅びた=地球全体が滅びた
=地球上が全部水浸しになった!!」

というように書かかれていますねぇ。

 

(´Д` )「いや、地球全体に洪水が起こったんだよ。」

∑(゚Д゚)「いや、さすがにそれはないっしょ(なぜか北海道弁)。じゃあ、その水ってさ、どこから来たの?」

(´Д` )「え・・。いや、きっと神様が降らせたんだよ!」

∑(゚Д゚)「じゃあ、その水はどこに消えたの?今は、全部の陸が海に覆われてないよ。」

(´Д` )「え・・。う〜む。もう信じればいいんだよ!」

∑(゚Д゚)「ええ〜〜!!!なんやねん!!!」

 

結論を言ってしまうと、

現実問題、「全世界が洪水に見舞われた!!」というのは、

難しいようです。

 

それでは、ちょっと具体的に見ていきましょう〜。

①水量の問題

全世界(地球全体)が洪水に見舞われるためには、

なんと!!

現在の地球上の海水の約8倍の水!

が必要だそうです!!(どんだけ〜!!∑(゚Д゚)!!)

その水は、どっから来てどこに消えたねん!!(似非関西弁!?)

 

②天気の問題

全世界に40日、雨が降るということは、

地球全体が雲に覆われ、

地球全体が同じような気圧になる必要があります。

が、それは気象学的上、無理なのだそうです。

ちなみに大陸大きめの国(ロシア、アメリカ等)といった国規模でさえ、

全国的に同じ天気になった!ということは、いままで一度もないそうです。

(へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜・・・)

 

③地層の問題

全世界に同時に洪水が覆ったなら、

全世界の同じ時代の地層に洪水のあとがあるはずですね。

ないそうです!

はいっ。

他にもまだあるのですが、大きなところではそんな感じでしょうか。

少なくとも、「地球全体規模の洪水が起きた!」ということは、

なさそうです。

 

では、「ノアの洪水」は、本当に起こらなかった、

単なる作り話にすぎなかったのでしょうか。

いやいや、そうじゃないんです。

どういうことかと言いますとですね・・。

ノアの洪水は、いまから約4400年前のできごとなのです。

つまりですね、、。

 

当然今ほど科学も発達していなかったわけで、

地球が丸かったとか、

自分たちが普段住んでいる地域以外にも人がいる、国がある、

といったことさえも知らなかったわけです。

いや、そりゃそうじゃないですか〜!!∑(゚Д゚)

 

つまり、ノアにとっては、

「自分の住んでいるメソポタミア地域=全世界」

だったわけですよね。

ふむふむ。。納得。。

 

つまり、洪水は全世界に同時に起こったのではなく、

ノアの住んでいるメソポタミア地域で起こりましたとさ。

実際、その地域で、

ノアの箱船の一片ではないか?と思われる材料が出てきたり、

洪水の跡があったりしているそうです。

 

う〜む。。

考古学者とか面白そうですね。。

 

このように、

当時の時代背景をわかって理解することが、

大切なのです。

 

「聖書の預言はすべて、自分勝手に解釈すべきでないことを、
まず第一に知るべきである。」(ペテロ第二の手紙1:20)

 

ではでは、まとめ①はこの辺にて。。

また次回 m(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。