家系図〜セム〜(創世記10:21)

最後に「セム」です。
 
 
 
テレレッテレ〜🎶
 
 
 
 
「セムの家系図〜⭐︎」(ドラえもん風 3回目)
 
 
 
 

 

 
 
 
 
セムは、セム→アルバクサデ→シラ→エベル
 
そして、この子孫が「ヘブル人(イスラエル民族)」の先祖となります。

彼らは、最初はメシャからセパル(下地図の黒丸地域(!?) ※諸説あり)に住み、

 
ここからイスラエル民族が広がっていくのです。
(下地図青のSHEMの部分)
 
 
そして、この「セム」の子孫から、旧約聖書のキーパーソンのうちの一人が
 
出てくるんですよ!!

 

しかし、ここではまだ紹介されていません。
 
あとでのお楽しみといったところでしょうか。
 
 
 
 
「イスラエル」という国は、小さな国でしたが、
 
神様が、神様ご自身の計画を成されるために、
 
選んだ民族でした。

ここから、聖書の話がさらに広がっていきます。

 

こうやって、家系図を見てみると、

ノアが言っていたことが実際に起こっている
(厳密に言うと、神様がノアを通しておっしゃったことが起こっている)

ことがわかります。

「カナンはのろわれよ。
彼はしもべのしもべとなって、
その兄弟たちに使える。」
 
「セムの神、主はほむべきかな、
カナンはしもべとなれ。
神はヤペテを大いならしめ、
セムの天幕に彼を住まわせられるように。
カナンはそのしもべとなれ。」(創9:25-27)
 
 
 
 
より「義(神様から見て正しい側)」のセム。

より「悪側」のハム。

そして、ヤペテの子孫は、これと言って目立つ義や悪側の登場人物はないのですが。。

 
決して「悪側」の人間ではなく、

セムについていく感じでしょうか。

こうして、子孫の運命は、ノアの話すとおりとなり、

歴史は続いていくのです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。