聖書について

義人の数(創世記18:22-32)

旅人たちは、続けてソドムに行きましたが、

アブラハムは主の前に立っていました。

 

(そんな・・。ソドムとゴモラに罪が多いなんて・・。
あそこには、甥のロトがいる。。ロトは大丈夫なのだろうか。。)

 

アブラハムは、神様に言いました。

「神様、あなたは、義人と悪人を一緒に滅ぼされる方なのでしょうか?


例えば、もし、ソドムとゴモラに50人の義人がいたとしたら・・。


50人の義人がいても、神様は、ソドムとゴモラを滅ぼし、


50人の義人と悪人を一緒に裁いてしまうのですか?


そのようなことはしないでしょう?


全地を裁く神様は、公義を行うべきではありませんか?」

 

神様は、言いました。

「もしソドムとゴモラの町の中に50人の義人がいたら、
その50人のためにその所は許そう。」

なに!?!?

つまり、ソドムとゴモラには
義人が50人もいなかったのです!!

 

アブラハムは、続けて質問をします。

「それでは、もし義人が45人だったら、その町を滅ぼしますか?」

神様は、

「その義人たちのために、その地を裁くことはしない。」

と言いました。

 

アブラハムは、さらに続けて質問をします。

「ではもし、40人だったら?」


「30人だったら?」


「20人!」


「10人!」

 

神様は、言いました。

「10人の義人がいたら、その人たちのために、

その地を裁かないであろう。」

 

つまり、ソドムとゴモラには、
10人の義人もいなかったのです。

 

神様は、アブラハムと語り終え、去って行かれました。

アブラハムも自分の所へと帰りました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP