アブラムの移動(創世記12:4-10)

さて、アブラムは神様(主)が言ったことに従い、

カナンに向かい出発するようになりました。

出発メンバーは、以下のとおりです。

・アブラム
・サライ(アブラムの妻)
・ロト(アブラムの甥)

以上、3名。

 

アブラムは全ての財産と、ハランで得た人(仕え)とともに

カナンの地に向かいます。(下の地図の2の部分です)

そして、着きました!
(早っ!!)

そして、カナンの地(イスラエル)内を動き回ります。

⭐︎ちょっと復習⭐︎
1.テラ一族のお引越し(https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/1131-32.html)
2.神様の言葉に従いカナンの地へ。。(https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/121-3.html)


3.シケムへ行きます。モレのテレビンの木に着きました。
  そのころ、そこにカナン人が住んでいたようです。
  
  この地で、神様は「あなたの子孫にこの地を与える〜。」と約束してくださいます。
  神様が現れたから、アブラムはそこに祭壇を作りました。

4.ベテルへと移動します。
  ベテルの東側の山に、天幕を作りました。今で言うテント型住居ですね。

5.ネゲブ砂漠へ。ここは砂漠地帯ですが、飢饉がくるようになります。
  むむっ!!このままで死んでしまう!!∑(゚Д゚)!!
  そして、エジプトへ寄留しようと移動しました。

ふむふむ。。

アブラムの運命や、如何に。。

続く。。

 

〜おまけ〜
「ベテル」という土地が出てきますが、意味は「神の家」という意味です。
「ベテル」は、厳密に言うと、「Beth-el」となるのですが、
「エル(el)」というのは、ヘブライ語で「神様」という意味です。

聖書には様々なところで「エル」が出てきます。

「イスラエル」をはじめ、
三大天使「ルシエル」、「ミカエル」、「ガブリエル」。

「ルシエル」は、神様の計画に賛成できず、堕落し、神様を離れて
「ルシファー」となってしまいます。

神様から離れたので、名前も「エル」がなくなるんですね。

画像:https://www.thebiblejourney.org/biblejourney2/23-the-journeys-of-adam-enoch-noah-abraham/abrams-journey-to-canaan/

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。