聖書について

神様の計画とアブラム(創世記12:1-3)

さて、ここからは、具体的にアブラムが主人公となり、

話が進んでいきます。

 

アブラムの父、テラは裕福な偶像商でした。

テラはもちろん、アブラムも偶像を信じて生きてきました。

当時の偶像崇拝は、厳しいものだったそうです。

髪の毛一本落ちていてもダメ!!!💢

みたいな。。

何か少しでも法と外れれば怯える、そういう信仰でした。

もちろん、アブラムもそういう信仰でした。

 

神様は、偶像崇拝をする人たちが沢山いるのを見て、思いました。

 

「ノアから400年が経ったが、誰か信仰の基準者を選ばなければならない。


しかし、信仰のある人たちの中から探そうとしてもいないなぁ。


あそこ(偶像崇拝している人たち)から連れてこよう。


ものすごく熱心に拝するし、


いやあ、羨ましいなぁ。


あの子たちがみんな来て、私に栄光を帰してくれればいいのに。


一人連れてこよう。やってみよう。」

 

そうして選ればれたのが、アブラムでした。

アブラムは偶像崇拝の熱心さを、そのまま神様信仰に移します。

 

ある日、アブラムは夢で神様にこう言われました。

 

「あなたは、住んでいるハランを出て、


家族にと別れて、私が示すカナンの地に行きなさい。


私があなたを祝福するであろう。」

 

<神様の計画>

 
青部分:テラ(父)と家族で引越して来たルート
(テラ一族のお引越し:https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/1131-32.html)
赤部分:神様が話した計画

(出典:『図解 聖書[世界史徹底マスター]』)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP