聖書について

改名の理由

⭐︎信仰の父、アブラハム⭐︎

アブラハムは、『信仰の父』と言われています。

 

なぜなら、

「アダム→アベル→ノア・・→アブラハム」と続く歴史は、ユダヤ教

アブラムとハガル(サライの仕え女)の子イシマエルは、イスラム教の先祖です。

また、キリスト教の創始者イエス・キリストも、アブラムの子孫です。

(↓こんな感じ。)

なので、「アブラハム」は、「ユダヤ教」、「イスラム教」、「キリスト教」の先祖なのです。

 

 

⭐︎アブラハム 改名の理由⭐︎

アブラハムの前に「ノア」という人物がいました。

しかし、ノアの息子の一人「ハム」がノアを最後まで信じることができず、
(https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/920-28.html)

400年間の沈黙の時が続きます。
(ノアからアブラムが登場するまで400年間。その期間、神様は地上に働きかけませんでした。)

 

そしてその後、神様は、偶像商テラの息子アブラムを選びました。
(https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/121-3.html)

アブラムを信仰の先祖にさせて、すべての人々の手本にさせることで、

皆が神様を信じるようにさせようとしたのです。

 

名前を「アブラム」から「アブラハム」にしたのは、

「ハム」が父ノアに対して信仰を貫き通せず、

それによって、神様の計画が壊れてしまったので、

「アブラハム。あなたは、最後まで信仰を貫き、

信仰の先祖になりなさい」という意味で与えたのでした。

 

事実、アブラハムは、信仰の先祖になり、

ハムが貫き通せなかった信仰を貫き、最後まで神様を信じて生きて行きました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP