改名の理由

⭐︎信仰の父、アブラハム⭐︎

アブラハムは、『信仰の父』と言われています。

 

なぜなら、

「アダム→アベル→ノア・・→アブラハム」と続く歴史は、ユダヤ教

アブラムとハガル(サライの仕え女)の子イシマエルは、イスラム教の先祖です。

また、キリスト教の創始者イエス・キリストも、アブラムの子孫です。

(↓こんな感じ。)

なので、「アブラハム」は、「ユダヤ教」、「イスラム教」、「キリスト教」の先祖なのです。

 

 

⭐︎アブラハム 改名の理由⭐︎

アブラハムの前に「ノア」という人物がいました。

しかし、ノアの息子の一人「ハム」がノアを最後まで信じることができず、
(https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/920-28.html)

400年間の沈黙の時が続きます。
(ノアからアブラムが登場するまで400年間。その期間、神様は地上に働きかけませんでした。)

 

そしてその後、神様は、偶像商テラの息子アブラムを選びました。
(https://funniestbiblelab2.blogspot.com/2019/08/121-3.html)

アブラムを信仰の先祖にさせて、すべての人々の手本にさせることで、

皆が神様を信じるようにさせようとしたのです。

 

名前を「アブラム」から「アブラハム」にしたのは、

「ハム」が父ノアに対して信仰を貫き通せず、

それによって、神様の計画が壊れてしまったので、

「アブラハム。あなたは、最後まで信仰を貫き、

信仰の先祖になりなさい」という意味で与えたのでした。

 

事実、アブラハムは、信仰の先祖になり、

ハムが貫き通せなかった信仰を貫き、最後まで神様を信じて生きて行きました。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。