天使のはしご(創世記28:10-17)

リベカ(母)イサク(父)に、ベエルシバからハランへ行くよう言われ、

ヤコブは、移動しました。

(出典:『図解 聖書[世界史徹底マスター]』)

 

ある場所で、日が暮れたので、そこで一夜を過ごし、

石を枕にして寝ました(痛そう・・)

 

ヤコブは、夢をみました。

地から空へとはしごが立っていて、天使が上り下りしていました。

(このエピソードから、上のような薄明光線を「天使のはしご」と言ったりしますね。)

 

神様は、ヤコブに二つのことを約束します。

①カナンの地は、あなたの子孫に与える。

②あなたとあなたの子孫が祝福を受ける。

 

神様アブラハムにした約束と全く同じであり、

ヤコブが出かける前にイサクがした約束とも全く同じです。

 

そして、どこに行くにもあなた(ヤコブ)を守り、

あなたをこの地に連れて帰るだろう。

私(神様)は決してあなたを捨てず、あなたに語ったことを行うであろう。

と言います。

 

ヤコブは、眠りから覚めて、

「本当に神様がこの場所にいるのに、私は知らなかった!!」と言って、

その場所を「ベテル(神の家)」と名付けます。

 

〜追加〜

今週の説教は「あなたたちの心配を主に委ねてしまいなさい」というタイトルでした。

今日のブログを書きながら、思わず太字下線にしてしまいましたが・・。

ここも言い換えると、「あなたの心配を主に委ねてしまいなさい」というのと

同じことなのだと思いました。

 

兄エサウに殺されそうなヤコブは、リベカイサクに背中を押されて、

叔父のラバンがいるハランへと向かいますが、

ヤコブからすると、「今にも殺されそうな自分は、本当にハランの地に行けるのだろうか。」

ラバンに会ったところで、自分の生活はその先うまくいくのだろうか。」

ラバンに着いたとしても、いつカナンに戻ってこれるのだろうか。」

など、不安を上げればきりがない状況でした。

 

今と違い、電話等の手段もないわけで、

「ラバンおじさん、今から行くよ〜。」とか

リベカからも「うちの子をお願いします〜。」とか言えなかっただろうし。。

 

「どこに行くにもあなた(ヤコブ)を守り、

あなたをこの地に連れて帰るだろう。

私(神様)は決してあなたを捨てず、あなたに語ったことを行うであろう。」

 

という神様からの約束。バックアップ。そして愛。。

 

今週のお話を深く思い返してしまいました。

そして、私たちも神様を愛し、信じればヤコブと同じように

神様が愛し、バックアップし、導いてくださるのです。。

 

すごい!!!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。