聖書と日曜日(創世記第1章)

今日は、日曜日ですね。

日曜がお休みなのは、聖書と関連があるのはご存知でしたか?

聖書(旧約聖書)を開くと、神様が全てを創造される過程が描かれています。

<1日目>(※「日」と書かれていますが、これはいわゆる「24時間」ではなく、「段階」という意味。
1日目、すなわち1段階目)


神は「光あれ」と言われた。「光」が創られたのです。
これは、ビッグバン説(宇宙は、一つの爆発によってできたという説)の元になったとも
言われていますね。
また、「光」=「真理の光」。すなわち、「真理」が誕生した瞬間でもあります。

「そして、夕となり、朝となった。」
時間軸からすると、「朝となり、夕となった。」ではないでしょうか。
実は、これも意味があるんです!

「夕」=光がない状態。すなわち、真理がない「カオス(混沌)」の状態。
 ↓
「朝」=光がある状態。すなわち、真理がある状態。
になった!!
という意味が含まれているのです!

<2日目>
「おおぞら」が創られました。
「下の水」と「上の水」と表現されていますが、「海」と「空」のことですね。


<3日目>
「陸」、「海」、「植物」が創られました。


<4日目>
「星」が創られました。
「大きい星(太陽)」に昼をつかさどらせ、「小さい星(月)」に夜をつかさどらせ、
星々が創造されました。

<5日目>
「生き物(海の生き物、鳥)」が創られました。
いよいよ生命誕生です。

<6日目>
「生き物(家畜、這うもの、地の獣)」と「人間」が創られました。
人間はどうしてこんな形なのでしょうか?
人間は「聖三位」に似て、こんな形に創られたのです。
すなわち、神様も私たちのような形をしているのですね。

そして、神様はこう言いました。
「生めよ、増えよ、地に満ちよ。」

そして、神様は満足されました。

「はなはだ良かった!!」
「めっちゃ良かった!!」

「できたよ〜〜〜〜〜!!!

うお〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

嬉ぴ〜〜〜〜よ〜〜〜〜〜〜〜!!!」

 

以上、これが第1章になります。

そうして、7日目>に神様は休まれたとさ。
そう!だから「日曜日」はお休みなのです。
神様は「7日目」に休まれ、その日を「聖なる日」としました。
だから、クリスチャンは、日曜日に礼拝を捧げるのですね。

これが天地創造の由来です。

ちなみに、宇宙が創造されたと言われるのは今から「137億年前」。
地球が創造されたのは、今から「約38億年前」。
人間が創造されたのは、「約400万年前」のようです。

もし神様が「1日で」宇宙から人間に至るまで全てを創造したなら、人間が何時何分に誕生したのか。。。

私の知り合いが計算しました(笑)

答えは、、、、

「23時45分前後」のようです。

∑(゚Д゚)!!!

つまり、神様は「23時間45分」ほどかけて宇宙、地球、全てを人間のために創り、
ようやく人間を創造されたのです。

すごひ!!!
∑(゚Д゚)!!!

終わり。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。