ヤコブの旅(創世記29:1-3)

そんなこんなで、ヤコブは、ベエルシバを出てハランへ向かいました。

(確かにの方。。)

 

荒野では食べる物も飲む水もなく、試練と苦痛が続きました。

ただ神様だけを呼び求め、将来どうなるのかと心配しながら、リベカの実家(ハラン)に向かいました。

 

最初は、ヤコブは十日ぐらいしたら戻って来れるだろうと思っていましたが、

実際は、道を聞きたくても誰もいない荒野でした。

ただあの向こうがパダンアラム(ハラン)だろうと思って進んで行きました。

 

 

ずっとずっと進んでいくと、一つの井戸があって、そのそばに羊の三つの群がありました。

井戸の口には大きな石があって、群がそこに集まると、

人々は井戸の口からをころがしてに水を飲ませ、

終わると、そのをまた井戸の口のところに返しておくようでした。

 

(↓イメージ図)

 

画像:https://www.biblestudy.org/maps/historic-cities-of-ancient-israel-large-map.html

参考:2000年10月08日 主日説教「平和のための理想世界」より

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。