聖書について

レビ記9章:祭司の任命②

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

前回はレビ記8章、祭司の任命①について書きましたが、9章はその続きになります。

祭司の任命に必要な儀式を様々行い、アロンとその子供が祭司になる準備のために7日間幕屋で過ごした後、

「8日目は何をするのか」というのが9章に書かれています。

 

8日目に主に行うことは以下の2つです。

(1)アロン、アロンの子供、長老が罪祭、燔祭を捧げる。

(2)イスラエルの人が罪祭、燔祭、酬恩祭、素祭を捧げる。

それぞれのお祭りについてはこちらをご覧ください。

 

今まではモーセが祭司の任命における儀式を執り行ってきましたが、

9章からはモーセがアロンにやり方を告げ、アロンが執り行っているのが特徴です。

8章の祭司の任命でアロンが祭司としての準備ができたので、9章からはアロンが祭りを司っているのです。

 

神様は捧げ物を受け取られ、火が祭壇の上の燔祭と脂肪を焼き尽くしました(22-24節)。

 

しかし、この「火」において何かトラブルが発生したようです。

それが10章に書かれています。

続く。

関連記事

PAGE TOP