旧約の祭り色々(3):レビ記23章

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

レビ記のお祭りシリーズ第三弾です。

 

今日は、23章に書かれた7つの例祭のうち①〜④について書いてみたいと思います。

ちなみに、①〜④は、ユダヤ人春のお祭りシリーズ(勝手に命名)で、我々のカレンダーで言うと3月下旬〜4月に行われる(行われていたとされる)ものです。

 

まず、23章には以下の7つのお祭りについて書かれています。

①過越の祭り(23:4-5)
②種なしパンの祭り(23:6-8)
③初穂の祭り(23:9-14)
④五旬節(23:15-22)
⑤ラッパの祭り(23:23-25)
⑥贖罪の日(23:26-32)
⑦仮庵の祭り(23:33-43)

 

①過越の祭り:この経緯は出エジプト12章にあります。出エジプトで、イスラエル民族がエジプトを出る時に、エジプト王がイスラエル民族をなかなか出発させてくれず、神様が10個の災いをエジプトに臨ませました。10個目の災いが「人でも家畜でもエジプトの全ての初子を撃つ」というものでしたが、イスラエル民族の家には災いが臨まなかった、そのことを祝うお祭りです。(詳しくは、出エジプト12章を見てね。)

お祭りの捧げ方も出エジプト12章に書いてありますが、羊の血を家の柱にかけ、夜にその羊の肉と種入れぬパンを食べていたようです。


引用:Wikipedia

前回書いた「贖罪の日、ヨム・キプール」も大きなお祭りですが、この「過越の祭り」も今でもイスラエル民族にとって非常に大きなお祭りです。普段は熱心に信仰生活をしていないユダヤ人も「過越の祭り」は守るようです。今は、皆で出エジプトを読みながら当時(今から3300年前?)を振り返り、種入れぬパンを始めとする決められた食べ物(羊肉、ゆで卵、野菜など)を食べて、神様に感謝して過ごすようです。

 

②種なしパンの祭り種なしパンの祭りは、上の過越の祭りとセットです。と言うか、もはや同義です。過越の祭りから続く1週間のことを指しますが、セットなので「過越の祭り」の中に組み込まれてしまいました。レビ記においても同じ一段落に書かれていますね。

種なしパンは、上の写真のことです。過越の祭りに続いて1週間、この種なしパンを食べます。

 

③初穂の祭り:安息日に収穫した初穂の束を捧げていたようです。初穂の束を揺らして捧げたので、「初穂の揺祭」とも呼ばれています。

ユダヤ人にとって収穫を祝う祭りは、年に三回あるのですが、最初の収穫を祝う祭りがこの「初穂の祭り」です。(ちなみに、二回目が④五旬節、三回目が⑦仮庵の祭り。)

 

④五旬節③初穂の祭りの翌日から50日経った日に「新穀の素祭」を捧げていました。それが五旬節です。「新穀の素祭」の他に以下も捧げられていたようです。

・種入れて焼いたパン二個
・小羊七頭
・雄牛一頭
・雄ヤギ一頭(罪祭用)
・小羊二頭(酬恩祭用)

今まで種入れパンを捧げてきたので、ここで種入れパンを捧げるというのは面白いですね。

個人的に、五旬節は、使徒行伝2:1に出て来る、弟子たちが聖霊にうおーーーっ!!と満たされた日、すなわち聖霊降臨祭のイメージが強かったですが、弟子たちがこの五旬節の日に聖霊を受けたから、聖霊降臨祭となったのですね。

 

以上、①〜④、春のイベントでした。続く。

 

参考:
日本イスラエル親善協会
スカースデール村から

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiroといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本から教えてくれてわかりやすく、臨場感があり、とても面白い!!このブログでは、そんな面白さと共に、聖書に出てくる地名や時代背景を中心に情報提供できたらと思っています。