聖書について

イサクの受けた祝福と嫉妬(創世記26:12-16)


(※青部分は、ペリシテ人の地域)

 

(昨日までのお話:イサクは、ベエル・ラハイ・ロイに住んでいましたが、

飢饉があったのでゲラルに移動してきました。

ゲラルは、先住民としてペリシテ人が住んでいました。)

 

イサクは、その地(ゲラル)に種をまいたら、

なんと!!100倍の収穫を得ました!!

 

このように神様イサクを祝福されたので、ますます栄え、裕福になり・・

羊や牛の群れや多くのしもべを持つようになりました。

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2019/09/face_angry_man4.png” name=“ゲラル” type=”l”]なんだ!お前ばっかり栄えて〜!!ずるいぞ〜!!

こうしてやる〜!!![/voice]

 

ペリシテ人は、アブラハムの時に、僕が掘った全ての井戸を塞ぎ、土で埋めました。

 

ペリシテ人の王アビメレクは、イサクに言いました。

[voice icon=”https://thefunniestbiblelab.com/wp-content/uploads/2019/08/579776f0ae779d7818cf79b5675502e1_t.jpg” name=“アビメレク王” type=”l”]あなたは、私たちよりはるかに強くなった。。どうかこの場所を去ってくれ。。[/voice]

イサクはゲラルを去って行きました。

 

(続く。。)

関連記事

PAGE TOP