士師記①〜オテニエル〜

みなさん、こんにちは。キリスト教福音宣教会のChihiroです。

今日は、士師記のオテニエルについて書いてみようと思います。

 

オテニエルは、士師記に出てくる最初の士師です。

 

◉ストーリー

士師記のストーリーは決まっています。

(1) イスラエル民族が神様の前に悪を行う
(2) 周辺の民族が攻めてくる
(3) 悔い改める
(4) 士師を通して周辺民族をやっつける

それでは、見ていきましょう。

 

(1) イスラエル民族が神様の前に悪を行う
3:7に書いてある通りです。イスラエル民族は、バアル、アシラといった偶像に仕えていたようです。


(2) 周辺の民族が攻めてくる
神様は偶像崇拝をするイスラエル民族に対し激しく怒り、周辺民族のメソポタミアの王クシャン・リシャタイムから攻撃され、8年間仕えることになりました(植民地的なイメージですね)。

※メソポタミアは、現在のシリア、イラクあたりですね。


(3) 悔い改める
3:9に書いてある通り、イスラエル民族は悔い改めて、神様を呼び求めました。


(4) 士師を通して周辺民族をやっつける
神様は、イスラエル民族の願い求めを聞き入れ、オテニエルという人を通してメソポタミア王クシャン・リシャタイムをやっつけました。

こうして、イスラエルは40年間平和だったようです。

めでたし、めでたし。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。私はキリスト教福音宣教会のChihiといいます。 大学院の終わり頃にキリスト教福音宣教会で聖書を学ぶようになりました。 私は、大学で言語学(英語)を専攻しており、聖書が欧米文化に大きな影響を与えていることから、聖書を勉強したいと思っていました。最初は普通の教会で学んでみましたが、よくわからず断念。。 キリスト教福音宣教会のバイブル・スタディは、聖書を基本中の基本から教えてくれて、わかりやすく、臨場感があり、とても感動!!そして、面白い!!&生活に役立つ!! 聖書は、当時の時代背景や文化背景、地名や人名が難しいですが、「千里の道も一歩から(?)」ということで、わかりやすく楽しく、1日2、3行〜1章程度ゆっくり書いていきます。